AGA・FAGAの一番いい対策は病院に行く事?

市販の育毛剤や日々の生活の改善だけでもAGAやFAGAの対策はできますが、やはり効果が中々表れない方などはいますよね。
そんなときはやはり専門医に頼るのが一番だと私は思いますがはたしてそれは正しいのか。
今回はAGAやFAGAの対策に一番いいのは病院に行くことについて徹底解説致します。

■病院に行くことのメリット

まずは通常の病院と同じように診察を受けることができます。
男性は特に、

  1. 頭頂部型
  2. 額の生え際型
  3. 額の生え際から前頭部

というパターンがあるのです。
遺伝やストレス、男性ホルモンや女性ホルモンの影響によるものが原因として挙げられます。

診察をすると個人にあった薬を処方してもらえるのが病院に行くことのメリットです。

■どんな薬があるの?

89122390a0b510c676db9ce3d42eb679_s

  • フィナステリド

こちらは内服薬です。発毛率は約65%といわれていてさらに見た目にもわかりやすく髪の毛が生えてきます。
しかし副作用が強いので市販でも売られていますがこちらは医師の判断の元で服用するといいでしょう。

  • ミノキシジル

こちらは外服薬です。髪の毛の細胞を活性化させる役割がありますがさらにフィナステリドと併用すると効果は高まるといわれています。
ですが、これも副作用がありますので注意が必要ですね。

■どんな病院にいけばいいの?

f1db173af6081a442d3c242a3f616135_s

これはお困りの方いるかと思います。
インターネットや携帯で検索すると出てくると思いますが、「育毛サロン」などが存在あり、
そこには専門医がいるのであなたに合った処方をしてくれるでしょう。

■美容院や床屋に行ったときでも聞いてみる

髪の毛のスペシャリストといえば美容師さんや床屋さんです。
私も髪の毛を切りに行った時には必ずセット方法や髪の毛に関して聞いて勉強をしています。
やはり何百人もの髪の毛を扱ってきたので知識はあるので聞いてみるのもいいでしょう。

病院でAGAやFAGAの対策に効果的なメリットとしてはやはり診断をしてもらい、正しい処方を受けられるというのがメリットになります。
そしてわからなければ医師に聞くこともできます。

シャンプーを変えてAGA・FAGA対策!

栄養面や日々の生活だけでもAGAやFAGAの対策をすることはできますが、やはり薄毛といえば気になるのがシャンプー。
シャンプーを変えるだけでもAGAやFAGAの対策に効果的なんでしょうか?
今回はそんな謎に迫りたいと思います。

■シャンプーの主成分

シャンプーというのは実は2つの種類に分けられます。
「化粧品」と「医薬部外品」です。
シャンプーの主な成分というのは次の6つがあります。

  • 天然物
  • 石鹸系
  • 脂肪酸エステル系
  • 高級アルコール系
  • 石油系

これらはすべて界面活性剤です。

■界面活性剤とは?

界面活性剤とは水と油をよくなじませ、髪の毛についた油汚れを落とすような役割があるのです。
実は界面活性剤はシャンプーだけではなく、石鹸にも使われているのがほとんど。

■AGAやFAGAに良いシャンプーとは?

実はシャンプーというのは頭皮の脂を落としてくれるような役割がありますが、かえって刺激が強すぎて余分に脂を取りすぎてしまうこともあります。
医薬部外品に分類されるシャンプーではフケやかゆみを抑えたり、そして育毛の作用もあるものがほとんどです。

■育毛シャンプーの選び方

74a6475e93908c50b3099bf2c01a45d4_s
シャンプーを変えるのにしろ何を選んだらいいのかわかりませんよね。
今回はポイントを抑えていきましょう。

  • 不飽和脂肪酸入り

皮脂に栄養を与えてくれるものなので抜け毛対策には効果的です。

  • アミノ酸配合

アミノ酸というのはそもそもタンパク質の根源となるものです。髪の毛や頭皮に栄養を与えてくれる役割がありますし、さらに保湿力も非常に高いのが特徴!
a2c36d9173e5efb72350ba0def9f99ae_s

育毛シャンプーを選ぶポイントというのはやはり頭皮や髪の毛に浸透させて保湿させる目的が重要なポイントとなるのです。
実際に購入された方の口コミなどを見ると「育毛シャンプーに変えてよかった」というお声があります。
お値段は通常のシャンプーよりも高めですが日々髪の毛には見えないほこりや汚れなどがついていますのでシャンプー選びも慎重に行うといいでしょう。

AGA・FAGA対策は頭皮ケアから

AGAやFAGAの対策にはいろんな方法がありますが、実際には直接頭皮のケアが大切だと思いますよね。
今回はAGA・FAGA対策は頭皮ケアについてご紹介します。

■AGAやFAGAは頭皮にどんな関係があるの?

①頭皮の血液の流れ

私たちの身体の中には常に「血液」というものが循環しています。
手の指や足の指の末端はもちろんじつは頭にも血液というのは流れているのです。
AGAやFAGAの原因の一つとして頭皮の血行が悪くなっていることがあります。
まずはシャンプーするときやヘアオイルをするときに頭皮をマッサージするように固まった頭皮を柔らかくしてあげましょう。

②皮脂の分泌量

AGAやFAGAにお困りの方に見受けられるのが頭皮の皮脂の過剰分泌が原因の一つ。
皮脂に生息している菌によって毛穴を刺激して角栓が形成され、結果髪の毛が生える入口をふさいでしまうのです。
そんな状態で荒くシャンプーやブラッシングをしてしまうと髪の毛が抜け落ちてしまうということがあります。

■頭皮ケアの方法

①シャンプーを使う

シャンプーでは髪の毛を重視に洗っている方やごしごしとシャンプーをしている方いませんか?
それですと返って頭皮を痛めてしまいます。
まずはシャワーで髪の毛を濡らして軽く親指で頭皮を揉むようにしましょう。
そうすると毛穴の内側の汚れも浮き出てきます。
そのあとにはシャンプーで軽くなじませるように同じように「髪の毛を洗う」よりも「皮脂をマッサージしてあげる」イメージで同じように頭皮を揉みこんであげましょう。
最後にシャワーでしっかりと流すことで頭皮の汚れも落ちていきます。

②日々から頭皮のマッサージ

8c78945adc5eeb434d4658f35cbd1b8c_s

これは非常に効果が高いのです。
実は私の父もAGAで悩んでいた時に頭皮をマッサージしていたら見事に生えていて今でもふさふさな状態を保っています。どんな方法かというと毎日頭皮をマッサージするだけ。
ただし、頭皮には「毛細血管」という細かい血管があります。
額の生え際から耳までマッサージしたらちょうどつむじのラインをたどるようにマッサージをしてあげるだけ。
頭皮マッサージを行うことによって毛細血管の血流がよくなるのです。

たまにはヘッドスパにもいってみるのもいいですね。

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s

簡単に日々の生活から取り入れることができるのでぜひ実践してみてください。

 

③育毛剤に頼るのもあり

育毛剤に過度の期待はしてはいけませんが、育毛剤に頼るのも一つの選択肢としてはありです。男性用なら、BUBKA育毛剤が、女性用なら、ベルタ育毛剤が人気みたいですね。

女性用参考:女性育毛剤比べるちゃん

男性用参考:楽天 育毛・養毛剤ランキング

あくまでも、使わないよりも使ったほうがいいという気持ちで利用してみるのもいいと思います。

2chで話題のAGA・FAGA対策

専門家の意見も大切ですが、それよりも実際に使った人の口コミなどのほうが信用がありますよね。
今回は2chで話題のAGA・FAGA対策についてご紹介します。

1.病院に行ってみた!

2chで話題になっている意見としては「実際に病院に行ってみた。」という意見が。
専門医にみてもらえて実際に髪の毛が生えてきて行ってよかったという意見があります。
しかしその裏には「AGAやFAGAってやっぱ病院だと結構お金がかかるんだな」との声が…。
確かに病院での治療の平均価格は7万~15万と幅は広いですが結構してしまうものです。
効果がでたら安心ですが高額を支払って効果が出るまでの間は不安でたまらないと思います。

89f527df8f5eca9b91a197cb5bf79d45_s

2.医薬品として販売されている商品を購入

なぜ医薬品じゃないとダメかというとこんな声がありました。
「医薬品以外でも色んなものは販売されているけど実際に効果を感じないからやめたほうがいい」
確かにこういったデリケートな問題を逆手にとって商品として販売しているメーカーや企業は多いです。
安価で購入することができますが、実際には効果を得られなかったとの声が。
そこで医薬品として認められているものを使用したら効果があったということです。

3.使用者が多い「ミノキシジルタブレット」

最強の育毛剤として呼ばれている「ミノキシジルタブレット」。
元は高血圧の患者さんのために開発された薬だそうですが、いつからか育毛剤として起用されました。
実際に2chで使ったことのある意見ですと「やっぱりミノタブ最強」

※ミノタブ=ミノキシジルタブレットの略
「3か月でもとに戻った」と効果を実感した意見が。
ですが、その反対には「3か月でやめた」という声もありました。
その理由は副作用が強く、動機などがあるからです。実際に専門医に処方してもらえるものですが副作用があるので必ず医師と相談することをおすすめします。

db4d7fa8dba10034f90566a3dba6e584_s

やはり実際に使ってみた、行っている対策というのは身近なものですのでぜひ参考にしてみてください。

AGA・FAGAを進行させることまとめ

AGAやFAGAの方は「なぜ私が…?」「なんでこんなにも早く…?」と悩んでしまう方いますよね。
そんな方にAGAやFAGAを進行させることについてご説明します。

1.遺伝的要素

AGAやFAGAというのは遺伝的な要素が含まれています。
両親のどちらかが年齢を重ねてAGAやFAGAになっていると本人もなりやすいです。
それは染色体によるものでもあるのでしょうがないといえばしょうがないのですが、ケアをすることで改善することができます。

2.不規則な食生活

8fb5df8a6a0f99432191168b917a6661_s

髪の毛や頭皮も身体の一部です。私たちの身体は食べたもので形成されていると考えていいでしょう。
例えば炭水化物ばかり食べていても炭水化物というのはエネルギー源としては働きますが身体を構成する役割はあまりありません。
具体的にはタンパク質やビタミンが欠けていることで髪の毛のパサつきやAGAやFAGAがみられます。
髪の毛や頭皮というのはタンパク質で構成されていますから日々の食事を見直して、
「炭水化物しかない!!!」「タンパク質が全然少ない!!」という方は毎日卵を1個とることや、お肉や魚などを必ず摂取するという風に食事を変えてみましょう。

3.運動不足

AGAやFAGAというのは運動不足によって進行していきます。
なぜかというと身体の中には血液が流れていますよね?
その血液というのは頭皮にもあり、毛細血管という細かい血管があるのですが、AGAやFAGAというのはこの血管の幅が狭くなっています。
しかし運動をすることによってこの毛細血管が広がり血液の流れがよくなるのです。
したがって運動をすることはAGAやFAGAの対策につながっていきますよ。

4.ストレス

精神的なストレスが身体にかかっているとAGAやFAGAというのは進行が早いのです。
自律神経のバランスを崩してしまいホルモンバランスも同時に崩してしまいます。
AGAやFAGAの原因になるホルモンの分泌の減少につながっていくのです。
お休みの時はゆっくりとしたり気分転換に出かけるのもいいですね。

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s

AGAやFAGAというのはどうしても遺伝的要素もありますが日常生活にも関わってくるので改善することも可能です。
進行を防ぐためにも生活を見直すことがポイントになります。

AGA・FAGAにノコギリヤシは効くの?

AGAやFAGAの対策に効果的な成分といえば「ノコギリヤシ」それって実際に本当なんでしょうか?
そもそも「ノコギリヤシ」という単語を初めて耳にした方がほとんどでしょう。
今回はAGAやFAGAの対策にノコギリヤシは効果的なのかという疑問についてお答えします。

■そもそもノコギリヤシってなに?

ノコギリヤシというのは北アメリカに生息するハーブの一種です。
茎がノコギリヤシのようにトゲトゲしていることから「ノコギリヤシ」という名前がつけられました。

■AGAやFAGAになる原因は?

88ffbc06833562eb2cdea088075489bb_s

薄毛にお悩みの方の中には実は「5αリダクターゼ」というものが存在しています。
これは脱毛を促進させるような働きがあるのです。

■ノコギリヤシはAGAやFAGAにどんな効果があるの?

ノコギリヤシというのは薄毛の原因となる「5αリダクターゼ」を阻害する役割があるのです。
また、頭皮の脱毛にはもう一つ原因があります。
頭皮の脱毛を促す「ジヒドテストロン」というホルモンの生成を抑制する働きがあるのです。

■ジヒドテストロンとは?

このジヒドテストロンというのは皮脂を過剰に分泌し、皮脂にある菌によって毛穴を刺激します。
そして角栓が形成されることで髪の毛が生えるのを防いでしまうのです。
さらに私たちは日々シャンプーやブラシで髪をとかすことによって髪の毛を刺激してしまい
頭皮の脱毛につながるののがこの脱毛の悪のサイクル…。

■ノコギリヤシの成分を含んだ商品はあるの?

d4aaa7e899d70274349d008c36ed7cba_s

もちろんあります今ではサプリメントや育毛剤、そして薄毛対策としてシャンプーにも含まれているものも販売されています。ドラッグストアやインターネット販売、もちろん医師の処方などによって入手することが可能です。

ノコギリヤシというのはAGAやFAGAの対策に効果的というのはすでに研究結果によって立証されています。
ただし過剰摂取してしまうと吐き気やめまい、便秘や下痢などにつながっていくので必ず用量用法を守って使用しましょう。

20代からのAGA・FAGA対策

AGAやFAGAというのは年配の方だけではありません。
成人した男女にも表れる症状の一つなのです。
特に男性は思春期以降から額の生え際の抜け毛を気にする方もほとんど…。
AGAやFAGAは20代~40代にかけては起こりやすいといわれています。
年齢を重ねていく分には「しょうがないかなぁ…」と思う方もいますが、
20代でAGAやFAGAが表れてしまうのは少し恥ずかしかったりしますよね。
今回はそんな20代からのAGAやFAGAの対策をご紹介します。

◎規則正しい生活をする

大学を経て20代になると食生活が乱れがちになることがほとんどです。
学生時代には飲んで、遊んで、アルバイトして、サークルや部活動!などと若さゆえに活発な生活を送っていますが実はここが穴となってしまいます。

■規則正しい生活とはなんなのか?

規則正しい生活というのは食事・睡眠・運動を適度に行うことです。

■睡眠

睡眠というのはAGAやFAGAの対策に効果的です。
なぜならば、睡眠中には成長ホルモンというホルモンが分泌されます。
耳にしたことがある方いるかと思いますが、「ゴールデンタイム」という時間が私たち人間にはあるのです。
夜の10時~朝の2時に成長ホルモンが分泌される時間帯のことをゴールデンタイムと呼びます。
この時間に睡眠をすると成長ホルモンが働き、栄養素の合成などにより疲れや薄毛対策に効果的です。

■食事

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

どうしても飲み会など外食が続いてしまうと食べたいものばかりで栄養が偏りがちな食事になってしまいます。
ですが私たちの身体というのは口から取り入れた食物によって形成されているのです。
そう考えると怖い話ですよね。
しっかりとタンパク質を摂取し、欠かさず3食とることが規則正しい生活につながります。

■運動

b4948185e580db86e06feac0295a11ee_s

学生を卒業すると運動する機会が減っていきます。
最初は慣れない仕事に追われ、どうしても運動することができません。
ですが、日本の教育では昔から体育の授業や部活動があり運動は幼いころからほとんどの方が行ってきたはずです。
にもつながりますし、非常にAGAやFAGAの対策に効果的ですよ。

規則正しい生活というちょっとした気遣いによって薄毛対策はできるのです。
今の生活を見直して将来に備えましょう。

サプリでAGA・FAGA対策をしよう

実は髪の毛や頭皮にも栄養が必要なもの。

髪の毛も私たち人間の身体の一部なのです。
「栄養面だけではAGAやFAGAの対策が難しい…。」そんな方も中にはいると思います。
今回はサプリメントを使ってAGAやFAGA対策をすることについてご紹介しましょう。

1.どんなサプリメントを選べばいいの?

711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s

そもそも、AGAやFAGAというのは「5αリダクターゼ」という酵素が抜け毛や薄毛の原因になっているのです。
サプリメントを選ぶポイントとしてはこの「5αリダクターゼ」を抑制するようなものを選ぶといいですね。
ではどんな成分が対策として挙げられているのか見てみましょう。

■ノコギリヤシ

北アメリカのハーブの一種です。先ほど説明した「5αリダクターゼ」の働きを抑制する働きがあります。
さらにノコギリヤシというのは頭皮の脱毛を促進させてしまう「ジヒドテストロン」の生成を抑制するのです!

■亜鉛

これはミネラルの一種ですね。亜鉛のサプリメントはドラッグストアでも簡単に入手することができますし、食材でも補うことが可能です。
この亜鉛も「5αリダクターゼ」を阻害するような役割があります。

■クルクミンエキス

3e82c55e78a3eb149ae49b4b568e20d0_s

聞いたことありますか?ウコンの仲間だと思ってください。
クルクミンエキスというのはウコンの根茎から抽出されたものです。
ウコンといえば飲み会の前によくコンビニなどで酔いがまわるのを防ぐために飲む方がほとんどですよね。
でも実はこれもまた「5αリダクターゼ」を阻害する役割があります。
クルクミンもドラッグストアで販売していることがほとんどですので意外と手に入りやすいです。

2.「薄毛対策」と書かれているサプリメントは栄養成分に注意!

上記で説明したようにこちらの成分が必ず入っていることを確認するのが大切です。
どうしてもデリケートな問題になってしまうので人間の心理をついて含有量が少ないものが含まれていることが中にはあります。
サプリメントを購入する際には気を付けて栄養成分表を確認しましょう。

適度な運動はAGA・FAGA対策になる?

AGAやFAGAの対策というのは育毛剤だけではなく、実は運動することと非常に深い関わりがあるのです。
これはあまり知られていないと思いますが、今回はそんな適度な運動によるAGAやFAGAの対策についてご説明します。

◎なぜ適度な運動がAGAやFAGAの対策になるの?

■ストレス発散

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

AGAやFAGAの原因の一つとして挙げられるのが「ストレス」です。
日常生活、もしくはストレスで知らず知らずのうちに身体の中にかかってしまっている精神的なストレス。
実は私も仕事で多忙な時にはストレスが身体にかかっていて髪の毛が抜けたりすることがありました。
当時はこういったことは知らなく、「自分の体質」もしくは「栄養バランスが原因」かな?と思ったことがあります。
ですが、運動をすることによって汗をかき、爽快感を得ることができますよね。
そういった面で普段のストレスを解消することができます。
ストレスがたまると女性は特にホルモンのバランスが崩れてしまうことがほとんどですから適度な運動がAGAやFAGAの対策につながるのです。

■成長ホルモンの分泌

運動をすると「成長ホルモン」というホルモンが体内の中で分泌されていきます。
こちらは私たちの身体の中でタンパク質を合成してくれるような働きがあるのです。
しっかりと体内でもこういった働きがあり、より薄毛対策にも効果的になります。

■頭皮の毛細血管を開く!

1b9e3d7b773227b8fd6f439cb540fc2c_s

私たちの身体の中には毛細血管という細かい血管が様々な箇所にあります。
運動をすると汗をかきますよね?
ダイエットと同じようにエネルギーを消費するために血液中にある沢山の栄養素が体内へとめぐらされていくのです。
もちろん、頭皮にも毛細血管というのは存在します。
運動によってこの毛細血管が開き、栄養がしっかりと頭皮まで行き届くことができるのです。

こういった要素により適度な運動がAGAやFAGAの対策に効果的と言われています。
もちろん予防でも、改善することも可能ですので普段から少しずつ運動することを取り入れてみましょう。

AGA・FAGA対策は日々の食事から

AGAやFAGAという言葉を聞いたことはありますか?
実はこのワードは薄毛に関する言葉なのです。
髪の毛が抜け落ちてしまったり、いわゆる「ハゲてしまう」そんな方いますよね。
こんかいはそんな薄毛にお悩みのあなたに日々の食事での対策をご紹介します。

1.AGA・FAGAとは

■AGAについて

別名「男性型脱毛症」といいます。成人男性にみられる髪の毛がどんどん薄くなっていく状態のことを指します。
これは遺伝によるものや、ホルモンの影響が原因といわれているのです。

■FAGAについて

別名「女性男性型脱毛症」といいます。
簡単に説明するとAGAの女性版と考えてください。
女性の場合ですと年齢を重ねていくと女性ホルモンが減少していったり、体内のホルモンバランスの崩れによって起こることがほとんどです。

2.食事で改善できるの?

AGAとFAGAは日々の食事で改善することが可能です。
実は頭皮や髪の毛というのは三大栄養素のひとつ、「タンパク質」でできています!
タンパク質で構成されているのは髪の毛だけではありません。
皮膚や筋肉、骨や血液など私たち人間の中で大きな役割を果たしています。

■タンパク質ってなに?

2c9ec4f1beb0104647c0c5247ec3c7d0_s

タンパク質は主に5種類に分けられます。
「お肉」「魚」「卵」「乳製品」「大豆製品」です。
その中でも高タンパクであるのはお肉。

本来であれば毎食このタンパク質を摂取していなければなりませんが、
日本人の食事内容はタンパク質が不足しがちです。

振り返ってみて今のご自身の食事内容はいかがですか?
しっかりと摂取できている人もいれば摂取できていない人もいるはずです。

■動物性タンパク質を主に摂取しよう

動物性タンパク質というのは先ほどあげたタンパク質の中で
「お肉」「魚」「乳製品」「卵」のことを指します。
なぜ動物性タンパク質がいいのかというと、これらはストレスにも強く、
さらに質の良いタンパク質は体内でよく働くのです。

■タンパク質と一緒に摂ったほうがいいもの

5a65c558482299e85306f23f2b8993cc_s

それはビタミンB6。
これはタンパク質の代謝を促す働きがあるのです。
ではどんな食材に含まれているのかというと、豚レバーやまぐろの赤身、ささみ、しゃけなどに含まれています。

こういったちょっとした食事の気遣いから薄毛対策というのは改善ができるのですね。
ぜひ今後は食事を見直してみてください。